平成30年度 仙台病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

1.年齢階級別退院患者数


年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 91 139 235 492 807 1999 2211 1470 197


 当院は、地域医療支援病院として小児から高齢者まで幅広い年齢層の治療を行っております。最も多い年齢層は70代で、60歳以上の患者さんの割合は約77%を占めており、高齢の患者さんが多い傾向にあります。

※10未満の数値の場合は-(ハイフン)


2.診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)



内科







DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病:なし - - 12.58 - -  
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2:1あり 副傷病:なし 重症度:85歳未満 - - 13.90 - -  
050140xx99x00x 高血圧性疾患 手術なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし - - 8.80 - -  
050180xx99xx0x 静脈・リンパ管疾患 手術なし 副傷病:なし - - 13.73 - -  
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) なし 手術・処置等2:1あり 副傷病:なし 重症度:85歳未満 - - 15.51 - -  


 内科では糖尿病などの生活習慣病や副腎腫瘍などの内分泌疾患など、腎機能低下症例も含め他科と連携して精査や治療を行っております。また、病変を認めた場合には、病態に応じて疾患特異的な内服薬治療や副腎腫瘍摘出術などの手術治療を行っております。

※10未満の数値の場合は-(ハイフン)





心療内科







DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060570xx99xxxx その他の消化管の障害 手術なし - - 7.44 - -  
               
               
               
               


 2019年3月で心療内科は休診しました。

※10未満の数値の場合は-(ハイフン)





消化器科







DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病:なし 128 3.89 2.67 0.00 66.13  
060100xx01xx1x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病:あり 36 4.53 3.94 2.78 70.50  
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2:なし 18 12.60 8.52 0.00 73.39  
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 12 9.08 10.08 0.00 75.67  
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2:なし 副傷病:なし - - 10.58 - -  


 消化器内科で最も多いのは、大腸ポリープ内視鏡的治療です。また早期胃がんや胆管結石などの内視鏡的治療も行っております。悪性腫瘍で、内視鏡で取り切れない場合などは外科と連携し治療を行っております。

※10未満の数値の場合は-(ハイフン)





循環器科







DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1:1あり 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 159 2.69 3.01 2.52 68.11  
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1:なし、1,2あり 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 93 5.81 4.47 2.15 68.59  
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1:2あり 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 13 3.38 3.15 7.69 70.31  
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 13 25.62 17.66 0.00 79.08  
050080xx99100x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) 手術なし 手術・処置等1:1あり 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 12 5.58 5.81 0.00 71.33  


 循環器科では、狭心症に対する心臓カテーテル検査や手術を多く診ています。カテーテルという細い管を手や足の動脈から冠動脈まで通し、狭窄や閉塞部分を拡張したりステントを用いたりして治療を行います。

※10未満の数値の場合は-(ハイフン)





外科







DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2:6あり 副傷病:なし 94 2.99 4.41 0.00 69.94  
180040xx99x0xx 手術・処置等の合併症 手術なし 手術・処置等2:なし 48 4.75 9.93 22.92 77.98  
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2:6あり 副傷病:なし 45 2.91 4.33 0.00 57.93  
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 37 3.35 8.75 5.41 67.57  
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 35 4.80 12.05 2.86 52.34  

 外科の症例で多いのは結腸の悪性腫瘍の化学療法であり、クリニカルパスを使用し在院日数は短くなっております。また、当院は透析患者さんも多いため、シャント作成術やシャント不全に対する治療も多く診ております。治療後に透析施設へ逆紹介するため転院率が高くなっております。移植科では、腎臓の移植手術も行っております。




整形外科







DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070330xx99x0xx 脊椎感染(感染を含む。) 手術なし 手術・処置等2:なし 123 20.89 31.17 1.63 56.04  
070080xx97xx0x 滑膜炎、腱鞘炎、軟骨などの炎症(上肢) 手術あり 副傷病:なし 56 3.71 7.24 0.00 65.30  
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 47 53.26 26.30 27.66 80.30  
070160xx01xxxx 上肢末梢神経麻痺 手根管開放手術等 42 6.24 4.83 0.00 69.14  
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2:なし 41 29.05 16.80 2.44 70.78  

 整形外科全般に渡って診療を行っておりますが、特に、当院は、仙腸関節センターを併設しており、仙腸関節障害や脊椎管狭窄症などの治療を多く扱っております。中でも仙腸関節障害は画像診断法では所見が出ないため見逃される場合が少なくありません。その診断と治療を経験豊富な専門医が行っており、全国から患者さんが受診されています。そのほか、大腿骨骨折の手術、手のばね指、手根管の手術、肩関節炎などのスポーツ疾患の治療も行っております。




産婦人科







DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 - - 6.28 - -  
120100xx01xx0x 子宮内膜症 子宮全摘術等 副傷病:なし - - 7.54 - -  
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 - - 6.16 - -  
120110xx99xx0x 子宮・子宮附属器の炎症性疾患 手術なし 副傷病:なし - - 8.01 - -  
120250xx97x0xx 生殖・月経周期に関連する病態 手術あり 手術・処置等2:なし - - 4.52 - -  


 婦人科では、卵巣腫瘍や子宮筋腫などの手術を大学病院の医師と連携して行っております。

※10未満の数値の場合は-(ハイフン)





眼科







DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 重症度:片眼 284 2.09 2.84 0.00 74.79  
020290xx97xxxx 涙器の疾患 手術あり 156 5.34 4.78 0.00 71.09  
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり 重症度:両眼 38 1.74 5.39 0.00 76.61  
020250xx97xxxx 結膜の障害 手術あり 24 1.83 3.37 0.00 75.17  
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2:なし 23 1.48 3.15 0.00 73.30  


 眼科全般幅広い疾患に対応して診療を行っております。白内障や眼瞼下垂などの疾患では日帰り手術も行っております。また、鼻涙管閉鎖症などの手術は耳鼻咽喉科と連携し共同で行っております。

※10未満の数値の場合は-(ハイフン)





耳鼻咽喉科







DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 30 4.80 5.43 3.33 35.43  
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 26 10.88 7.89 0.00 36.54  
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1:あり 15 2.00 2.04 0.00 58.33  
030240xx97xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 その他の手術あり - - 8.66 - -  
030270xxxxxxxx 上気道炎 - - 4.96 - -  


 耳鼻咽喉科では、腎疾患治療としての扁桃摘出術治療が多く行われております。また睡眠時無呼吸症候群の検査や、慢性副鼻腔炎の鼻内視鏡治療も行っております。

※10未満の数値の場合は-(ハイフン)





皮膚科







DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 - - 8.98 - -  
               
               
               
               


 皮膚科全般の診察を行っておりますが、透析患者さんなど内科的合併症を有する患者さんも多く、帯状疱疹や中毒疹の疾患が多い傾向にあります。

※10未満の数値の場合は-(ハイフン)





泌尿器科







DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:2あり 副傷病:なし 67 15.67 7.40 0.00 72.94  
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1:あり 副傷病:なし 64 3.08 2.53 0.00 70.86  
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1:なし 副傷病:なし 48 13.50 5.62 0.00 64.98  
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 手術・処置等2:なし 42 23.76 11.50 0.00 63.93  
11012xxx97xx0x 上部尿路疾患 その他の手術あり 副傷病:なし 42 6.17 7.13 0.00 65.74  

 泌尿器科で一番多いのは、膀胱腫瘍に対する経尿道的手術です。次に前立腺生検を多く行っております。また、腎結石や尿管結石など尿路結石に対する経尿道的手術の治療も行っております。




腎臓内科







DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 582 14.75 12.05 2.92 65.81  
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 150 15.63 8.75 1.33 67.35  
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2:なし 102 21.10 21.40 1.96 58.07  
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2:1あり 95 43.97 35.72 7.37 69.54  
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:1あり 副傷病:なし 74 17.41 14.21 2.70 67.95  

 腎臓内科では、腎機能低下の初期治療から重症症例まで、あらゆる腎疾患を経験豊富な専門医師が治療しております。当院の患者さんは慢性腎臓病がほぼ占めておりますが、原疾患は様々です。その原疾患を調べる腎生検目的入院も行っております。
 また、透析導入のためのシャント作成やシャント不全にに対する手術も施行しております。当院では、治癒を目指した治療や透析導入を可能な限り遅らせる方針で治療を行っております。

3.初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数






  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 14 - - - 14 - 1 7
大腸癌 10 24 - 37 77 54 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約


 5大癌では、初発、再発共に大腸がんが最も多くなっております。そのうち再発の大腸がんに関しては、化学療法のため入院を繰り返しているので件数が増えております。
 しかし、当院は、5大癌に含まれない腎癌や膀胱癌などの治療件数が多い施設となっております。病態に応じた治療を提供できるよう努めております。

※10未満の数値の場合は-(ハイフン)


4.成人市中肺炎の重症度別患者数等






  患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 - - -
中等症 25 19.40 70.64
重症 21 27.29 78.19
超重症 11 43.09 83.45
不明 - - -


 市中肺炎とは、普段の生活の中でかかる肺炎を言います。軽症の患者さんは外来での治療が中心となりますが、重症度が高くなれば入院し治療を行います。平均年齢が高齢になるほど重症化しやすくなっております。
 当院は、腎疾患を抱えているハイリスクな患者さんが多いため重症化しやすい傾向にあり中等度以上の件数が多くなっております。

※10未満の数値の場合は-(ハイフン)


5.脳梗塞の患者数等


発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 - - - -
その他 - - - -


 当院は脳梗塞を専門に治療する診療科を標榜していないため、専門的な治療が必要な場合は専門施設へご紹介しております。

※10未満の数値の場合は-(ハイフン)


6.診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)



内科







Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2762 網膜光凝固術(その他特殊なもの・一連につき) - - - - -  
K066-21 関節鏡下関節滑膜切除術 肩、股、膝 - - - - -  
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 椎弓形成 - - - - -  
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -  
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -  


 内科では他の診療科と連携し手術を行っております。

※10未満の数値の場合は-(ハイフン)





消化器科







Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 158 0.50 2.74 0.63 67.21  
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 18 1.94 9.11 0.00 73.39  
K654 内視鏡的消化管止血術 10 0.50 9.30 0.00 66.80  
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル以上 - - - - -  
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 - - - - -  


 最も多い手術は、大腸内視鏡ポリープ切除術です。切除した病変は病理診断に提出し、結果によっては外科と連携し、外科的手術を追加治療として行っております。

※10未満の数値の場合は-(ハイフン)





循環器科







Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 76 1.03 4.54 2.63 69.24  
K5463 経皮的冠動脈形成術 その他のもの 14 0.64 3.07 0.00 66.36  
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの - - - - -  
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術 不安定狭心症に対するもの - - - - -  
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) - - - - -  


 狭心症など虚血性心疾患に対する経皮的な手術を主に行っております。この心臓カテーテル治療は腕や足の血管から心臓まで管を通して病変を治療する方法です。

※10未満の数値の場合は-(ハイフン)





外科







Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 103 0.52 4.02 5.83 67.37  
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 46 5.78 9.43 4.35 72.96  
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) 45 3.04 18.67 4.44 69.76  
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 32 1.94 5.28 0.00 65.09  
K0842 四肢切断術(指) 29 8.79 32.86 10.34 65.21  


 外科では、腎臓内科で作成困難な透析シャント設置術を最も多く行っております。また、閉塞性動脈硬化症に対する血管拡張術やバイパス移植術などの血管治療も上位を占めています。また、外科は創傷ケアセンターを開設し下肢壊疽などの治療も積極的に行っております。また、ここには含まれませんが、腎臓移植手術も行っており腎疾患に対する総合的な治療を行っております。

 





整形外科







Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 椎弓形成 77 5.16 28.08 3.90 68.31  
K028 腱鞘切開術(関節鏡下によるものを含む。) 51 0.69 1.33 0.00 65.88  
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 40 6.48 42.20 35.00 78.10  
K1882 神経剥離術 その他のもの 39 1.56 3.82 0.00 69.10  
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 14 19.43 20.79 21.43 68.07  

 脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアなどの脊椎疾患に対する手術を多く行っております。その他、ばね指などの手の手術や、大腿骨骨折などの骨折の手術も行っております。大腿骨頸部骨折の手術は術後のリハビリ目的のため転院率が高くなっております。




産婦人科







Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの 11 2.00 4.09 0.00 41.82  
K861 子宮内膜掻爬術 - - - - -  
K877 子宮全摘術 - - - - -  
K867 子宮頸部(腟部)切除術 - - - - -  
K8862 子宮附属器癒着剥離術(両側) 腹腔鏡によるもの - - - - -  


 大学病院と連携し、卵巣腫瘍や子宮筋腫に対する腹腔鏡下および開腹術を主に行っております。

※10未満の数値の場合は-(ハイフン)





眼科







Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 321 0.45 0.62 0.00 75.06  
K204 涙嚢鼻腔吻合術 143 0.99 3.66 0.00 71.31  
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの 41 1.46 1.61 0.00 65.41  
K2191 眼瞼下垂症手術 眼瞼挙筋前転法 20 0.20 0.25 0.00 74.70  
K2231 結膜嚢形成手術 部分形成 20 0.30 0.35 0.00 74.40  


 涙道専門眼科医が常勤しており、涙道内視鏡手術や涙嚢鼻腔吻合術の件数も多くなってきております。特に涙嚢鼻腔吻合術は耳鼻咽喉科と連携し、皮膚を切らない鼻内アプローチ法を行っております。

※10未満の数値の場合は-(ハイフン)





耳鼻咽喉科







Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 37 1.59 8.89 0.00 36.59  
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) - - - - -  
K331 鼻腔粘膜焼灼術 - - - - -  
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 - - - - -  
K3932 喉頭腫瘍摘出術 直達鏡によるもの - - - - -  


 耳鼻咽喉科は腎臓内科と連携し、腎疾患治療としての扁桃摘出術を多く行っております。また、副鼻腔炎手術や扁桃肥大、睡眠時無呼吸症候群に対するアデノイド切除術なども行っております。

※10未満の数値の場合は-(ハイフン)





泌尿器科







Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 79 3.32 11.87 0.00 72.75  
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 55 7.05 18.38 0.00 64.96  
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 51 1.76 6.65 1.96 70.75  
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 47 2.81 9.74 0.00 64.85  
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 39 1.74 10.72 0.00 59.08  

 泌尿器科では膀胱腫瘍や腎腫瘍を中心とする悪性疾患に対する手術を数多く行っております。また、腎機能障害症例においても腎保存的手術や腹腔鏡手術など低侵襲手術で対応しております。




腎臓内科







Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 1551 1.61 2.12 9.48 70.01  
K610-3 内シャント設置術 273 8.55 16.18 4.40 68.04  
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 44 4.39 22.57 0.00 43.18  
K6147 血管移植術、バイパス移植術 その他の動脈 40 14.60 21.25 12.50 66.83  
K608-3 内シャント血栓除去術 39 2.05 6.15 7.69 64.51  

 腎臓内科では、主に透析導入のためのシャント作成や透析のシャント狭窄や閉塞に対するカテーテル手術を行っております。シャント作成で困難な症例は、血管外科と連携して治療を行っております。

7.その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)





DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 23 0.30
異なる 24 0.31
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 179 2.34
異なる - -


 手術、処置等の合併症の件数が多いのは、透析を行うためのシャントが狭窄や閉塞したした場合のシャント不全に対する治療が含まれているためです。この指標は、臨床上ゼロにはなりえないものですが、少しでも改善できるように努めております。

※10未満の数値の場合は-(ハイフン)


更新履歴
 2019.9.30 新規掲載



 
PageTop