平成27年度 仙台病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

1. 年齢階級別退院患者数


年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 68 86 154 261 519 808 1,738 1,771 1,154 161

 当院は、地域医療支援病院として幅広い年齢層の治療をおこなっております。その中でも特に東北地区の腎疾患治療の基幹病院として医療を提供している事から60~70代の割合が全体の52.2%と多い傾向となっております。

2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)



内科





DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 28 16.50 15.35 0.00% 60.86  
100180xx99000x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 22 13.14 6.55 0.00% 59.59  
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし - - 14.34 - -  


 内科では、糖尿病などの生活習慣病の治療からクッシング症候群、アルドステロン症、副腎腫瘍など内分泌疾患の精査入院を腎機能低下症例も含め、他科と連携を取り治療をおこなっております。また、病変を認めた場合には、病態に応じて疾患特異的な内服薬治療や他科と連携し副腎腫瘍摘出術などの手術治療をおこなっております。

※10未満の数値の場合は-(ハイフン)





消化器内科





DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx03xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的消化管止血術等 定義副傷病 なし 51 4.55 2.76 0.00% 64.06  
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2 なし - - 9.20 - -  
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし - - 7.91 - -  


 消化器内科では、内視鏡下のポリープ切除術や止血術治療を腎機能低下症例も含め、他科と連携を取り治療をおこなっております。当院では腎不全や血管炎などでステロイドや抗血小板剤を使用する症例が多いため、緊急止血術のケースも多くなっております。

※10未満の数値の場合は-(ハイフン)





循環器内科





DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 38 3.68 3.07 0.00% 69.82  
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1、2あり 手術・処置等2 なし 31 4.77 4.87 3.23% 68.00  
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 18.30 - -  


 2015年6月1日より心臓カテーテル検査、7月1日より経皮的冠動脈形成術・ステント留置術を開始し、2016年3月31日までのカテーテル治療件数は66例(内、緊急例6例)になっています。腎機能低下例、他科手術前の症例が多く、他科と連携の上治療を行っています。また、2016年4月よりスタッフが充実し、症例数は急増しております。

※10未満の数値の場合は-(ハイフン)





外科





DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180040xx01x0xx 手術・処置等の合併症 内シャント又は外シャント設置術等 手術・処置等2 なし 63 9.75 13.14 7.94% 69.43  
180040xx99x0xx 手術・処置等の合併症 手術なし 手術・処置等2 なし 39 3.62 9.98 25.64% 74.97  
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 5あり 定義副傷病 なし 34 3.03 4.53 0.00% 61.82  

 外科の症例数では、透析シャント閉塞に対してのシャント作成術治療、次いで透析用カテーテル閉塞に対してのカテーテル交換治療となっております。透析症例の治療は腎臓内科と連携を取りおこなっているため、在院日数は短い傾向にあります。また、外科手術症例の約50%は腎不全症例であり合併症の多い患者さんの治療にも積極的に取り組んでおります。結腸癌の化学療法治療は、腎機能低下症例も含め他科と連携を取り治療をおこなっております。




整形外科





DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
07040xxx99xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 手術なし 208 14.96 14.35 1.92% 58.72  
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 93 30.81 28.70 73.12% 80.92  
070160xx01xxxx 上肢末梢神経麻痺 手根管開放手術等 51 5.82 5.88 0.00% 66.08  

 整形外科では、仙腸関節障害の治療、大腿骨骨折の人工骨頭挿入術治療、手根管症候群の手術治療などを腎機能低下症例も含め、他科と連携を取り治療をおこなっております。大腿骨骨折治療は、当院で手術治療後に継続的なリハビリを他施設にておこなって頂くため転院率が高くなっております。




耳鼻咽喉科





DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 50 10.64 8.20 0.00% 47.58  
030428xxxxxxxx 突発性難聴 19 7.79 9.60 0.00% 61.68  
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 18 8.61 7.76 0.00% 52.50  

 耳鼻咽喉科では、腎疾患治療としての扁桃摘出術治療、突発性難聴の治療、慢性副鼻腔炎の治療などを腎機能低下症例も含め、他科と連携を取り治療をおこなっております。




泌尿器科





DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 82 14.56 8.02 0.00% 71.09  
110080xx9901xx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 60 14.62 13.01 1.67% 75.93  
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 58 15.79 2.89 0.00% 58.02  

 泌尿器科では腎・尿管癌の手術症例数は本邦有数であり、体腔鏡手術や腎保存的手術を行っています。膀胱癌、前立腺癌についても手術、化学療法を腎不全を有する症例を含めて治療を行っています。




腎臓内科





DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 726 15.27 13.64 3.72% 63.15  
180040xx02x0xx 手術・処置等の合併症 内シャント血栓除去術等 手術・処置等2 なし 655 4.33 3.40 10.99% 70.64  
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 137 14.71 9.71 0.73% 68.53  

 腎臓内科では、腎疾患の精査(腎生検)や治療、透析シャント狭窄/閉塞のカテーテル手術治療、慢性腎不全の透析シャント設置術治療の症例数が多くなっております。また、初期治療から腎代替療法など、あらゆる腎疾患の専門的治療をおこなっております。腎炎、慢性腎不全の症例数は全国有数ですが、治癒を目指した治療や透析導入を可能な限り遅らせる方針で治療をおこなっているため、在院日数は長くなっております。



3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数






  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 10 - - - 11 - 1 6,7
大腸癌 - - 28 37 - 12 2 6,7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 2 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約


 当院では5大癌としては、主に胃、大腸癌に対しての手術治療や化学療法治療をおこなっております。

※10未満の数値の場合は-(ハイフン)


4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等








  患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 - - -
重症度 1 12 12.83 63.83
重症度 2 - - -
重症度 3 10 16.40 79.10
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -


 当院の入院治療の大部分を占める腎臓疾患は、合併症を有する疾患であるため、成人市中肺炎のみの治療入院は少数となっております。

※10未満の数値の場合は-(ハイフン)


5. 脳梗塞のICD10別患者数等








ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 10 20.50 67.00 30.00%
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -


 当院は、脳梗塞を専門的に治療をする診療科を標榜していないため少数となっております。専門的治療が必要な場合は他施設へご紹介いたしております。

※10未満の数値の場合は-(ハイフン)


6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)



消化器内科





Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 262 0.38 2.50 0.00% 65.71  
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 - - - - -  
K7212 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル以上 - - - - -  


 消化器内科では、消化器のポリープや早期悪性腫瘍に対して内視鏡下の切除術をおこなっております。

※10未満の数値の場合は-(ハイフン)





循環器内科





Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 31 6.39 4.10 3.23% 67.52  
K5463 経皮的冠動脈形成術 その他のもの - - - - -  
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 - - - - -  


 循環器内科では、狭心症や心不全に対しての経皮的な手術治療をおこなっております。

※10未満の数値の場合は-(ハイフン)





外科





Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 71 1.56 5.59 9.86% 65.11  
K6146 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) 48 4.73 14.17 6.25% 71.40  
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 38 1.42 3.21 0.00% 66.13  

 外科では、透析シャントの作成困難な症例に対しての手術治療や腹腔鏡下による鼠径ヘルニア手術をおこなっております。




整形外科





Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 椎弓形成 93 5.41 21.01 16.13% 68.37  
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 72 5.36 24.74 66.67% 80.47  
K028 腱鞘切開術(関節鏡下によるものを含む。) 41 0.51 1.78 0.00% 63.24  

 整形外科では、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアなどの脊椎疾患に対しての手術や骨折の骨接合術、手根管症候群に対しての手術をおこなっております。




眼科





Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 61 1.00 1.03 0.00% 72.79  
- - - - - - -  
- - - - - - -  


 眼科では、白内障に対して眼内レンズ挿入手術をおこなっております。また、2016年度より担当医が交代となり現在は新たに、硝子体茎顕微鏡下離断術や涙嚢鼻腔吻合術などの各種手術もおこなっております。

※10未満の数値の場合は-(ハイフン)





耳鼻咽喉科





Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 72 1.38 8.28 0.00% 42.04  
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 15 2.47 5.40 0.00% 64.13  
K3932 喉頭腫瘍摘出術 直達鏡によるもの - - - - -  


 耳鼻咽喉科では、腎臓内科と連携をし腎疾患治療としての口蓋扁桃摘出手術や副鼻腔炎、喉頭腫瘍に対しての手術をおこなっております。また腎臓内科における口蓋扁桃摘出手術件数も耳鼻咽喉科医師による執刀になります。

※10未満の数値の場合は-(ハイフン)





泌尿器科





Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 95 4.67 10.12 0.00% 70.67  
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 64 7.08 16.61 0.00% 62.33  
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 51 2.06 12.24 0.00% 57.10  

 泌尿器科の手術で特筆すべきは、腎癌、腎盂尿管癌の症例が多いことです。多くの症例において低侵襲性を考慮した体腔鏡手術を行っています。




腎臓内科





Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 749 2.95 3.33 11.48% 70.60  
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 316 8.34 19.00 8.54% 68.88  
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 75 5.05 23.32 0.00% 39.53  

 腎臓内科では、透析シャント狭窄/閉塞に対してのカテーテル手術や透析シャント設置術といった手術を行うとともに、耳鼻咽喉科医師と連携し腎疾患治療として口蓋扁桃摘出手術を行っております。また、透析治療や薬剤による治療を一連の入院で行うため在院日数が比較的長くなっております。



7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)





DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 29 0.43%
異なる 37 0.55%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 927 13.79%
異なる - -


 当院における手術・処置等の合併症患者数は、主に透析をおこなう事による合併症(透析シャント狭窄/閉塞など)に関する治療目的入院の件数となっております。

※10未満の数値の場合は-(ハイフン)


更新履歴

2016/09/30 新規掲載



 
PageTop