耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科

当科の紹介
各担当医師紹介

外来受付時間及び外来担当医師一覧につきましては患者さん向けコンテンツをご覧下さい。

当科の紹介
 耳・鼻・口腔・咽喉・顔面頸部疾患など耳鼻咽喉科領域全般の診断および治療を行っています。当院の特色である腎疾患を背景に持つ患者さんを診察する機会が多いのが特徴でもあります。
 入院治療では扁桃病巣感染症、反復性扁桃炎、睡眠時無呼吸症候群に対して口蓋扁桃摘出術(扁摘)を行っています。特に当院腎センターと協同で、IgA腎症に対する扁摘+ステロイドパルス療法を積極的に行い、良好な治療成績をあげています。
 鼻疾患に対しての内視鏡下副鼻腔手術は、慢性副鼻腔炎、副鼻腔真菌症、上顎のう胞などを対象として低侵襲な治療を心がけています。
 鼻中隔彎曲矯正術や粘膜下下鼻甲介切除術などの鼻閉の改善を目的とした手術も行っています。
 アレルギー性鼻炎に対する下鼻甲介粘膜炭酸ガスレーザー焼灼は、外来で可能です。これらの手術は、扁摘と同時に施行することが可能です。
 声帯ポリープ、ポリープ様声帯、声帯結節、声帯嚢胞、喉頭白板症などに対して、喉頭微細手術(ラリンゴマイクロ)を行っています。KTPレーザー装置を備えており、喉頭血管腫の光凝法、喉頭乳頭腫や早期咽頭癌の腫瘍切除術も行っています。
 主な臨時入院疾患は、急性扁桃炎、扁桃周囲膿瘍、急性喉頭蓋炎、顔面頸部蜂窩織炎、鼻骨骨折、抹消性顔面神経麻痺(ベル麻痺)、ハント症候群、突発性難聴、めまいなどです。
 透析を要する患者さんの入院治療に対応できます。
 睡眠時無呼吸症候群(SAS)の取り組みとして、在宅で行う簡易アプノモニター検査、一泊入院で行うポリソムノグラフィ(PSG)を行い、データ解析をしています。治療としては、中等度~重症SASの場合、CPAP(経鼻的持続陽圧呼吸治療法)治療を行っています。軽傷~中等症SASの場合、口腔内治療装置の作製目的で、連携する歯科医院への紹介を行っています。口蓋扁桃肥大が上気道狭窄の原因となっている場合は扁摘を行っています。

1. 外来で行う検査
・聴力検査:純音オージオメータ、語音聴力検査、ティンパノグラム、耳音響放射検査、耳管機能検査、アブミ骨筋反射、
聴性脳幹反応
・平衡機能検査:フレンツェル赤外線眼鏡、温度眼振検査、重心動揺計
・顔面神経検査:誘発筋電図
・鼻機能検査:鼻腔通気度検査、基準嗅覚検査、静脈性嗅覚検査
・呼吸機能検査:スパイロメーター、アプノモニター(在宅で施行)
・味覚検査:電気味覚検査
・内視鏡検査:鼻咽喉ファイバースコピー(NBI可能)
・嚥下機能検査:嚥下内視鏡、嚥下造影
・画像検査:頸部超音波、X線、CT、MRI

2. 一泊入院で行う検査
・逆流性食道炎検査:食道内24時間pHモニター
・睡眠時無呼吸検査:終夜ポリソムノグラフィー

3. 主な外科的手術
・口蓋扁桃摘出術(扁摘):扁桃病巣感染症、反復性扁桃炎、睡眠時無呼吸症候群に対して行っています。特に当院腎センタ
ーと協同で、IgA腎症に対する扁摘+ステロイドパルス療法を積極的に行い、良好な治療成績を挙げています。年間約200件
の扁摘を行っています。
・喉頭微細手術(ラリンゴマイクロ):声帯ポリープ、ポリープ様声帯、声帯結節、声帯嚢胞、喉頭白板症などに対して行って
います。KTPレーザ-装置を備えており、喉頭血管腫の光凝固療法、喉頭乳頭腫や早期喉頭癌の腫瘍切除術も行っています。
・内視鏡下鼻副鼻腔手術:慢性副鼻腔炎、副鼻腔真菌症、上顎のう胞に対して低侵襲な治療を心がけています。鼻中隔彎曲矯正
術や粘膜下下鼻甲介切除術などの鼻閉の改善を目的とした手術も行っています。アレルギー性鼻炎に対する下鼻甲介粘膜炭酸
ガスレーザー焼灼は外来で可能です。
・音声機能手術:声帯麻痺や声帯委縮が原因の嗄声に対して、喉頭形成手術を行っています。
・頸部腫瘍手術:耳下腺腫瘍、顎下腺腫瘍、リンパ節腫瘍などの摘出術を行っています。
・耳手術:慢性中耳炎に対して鼓膜形成手術を行っています。真珠腫性中耳炎、外耳道真珠腫や耳小骨再建手術などは、東北大
学病院耳鼻咽喉科・頭頸部外科教室と連携をとり、鼓室形成手術を行っています。

4. 主な臨時入院疾患
急性扁桃炎、扁桃周囲膿瘍、急性喉頭蓋炎、顔面頸部蜂窩織炎、鼻骨骨折、末梢性顔面神経麻痺(ベル麻痺)、ハント症候
群、突発性難聴、めまいなど

5. 睡眠時無呼吸症候群(SAS)の取り組み
在宅で行う簡易アプノモニター検査、一泊入院で行うポリソムノグラフィ(PSG)を行い、データ解析をしています。治療と
しては中等度~重症SASの場合、CPAP(経鼻的持続陽圧呼吸療法)治療を行っています。軽症~中等症SASの場合、口腔内
治療装置の作製目的で、連携する歯科医院への紹介を行っています。口蓋扁桃肥大が上気道狭窄の原因となっている場合は扁
摘を行っています。

各担当医師紹介

・宮崎 真紀子(耳鼻咽喉科医長)
 卒年       平成13年卒
 専門領域     耳鼻咽喉科一般・耳管
 認定医/専門医   日本耳鼻咽喉科学会専門医

・織田 一葉(耳鼻咽喉科医師)
 卒年       平成16年卒
 専門領域
 認定医/専門医

・安達 美佳(非常勤)
 卒年       平成3年卒
 専門領域     耳鼻咽喉科一般・睡眠呼吸障害
 認定医/専門医   日本耳鼻咽喉科学会専門医
PageTop