消化器科

外来受付時間及び外来担当医師一覧につきましては患者さん向けコンテンツをご覧下さい。

ttl_toukanoshoukai
 消化器科は、食道、胃、腸、肝臓、胆のう、すい臓などの消化器に関する疾患を診断、治療する診療科です。

 内視鏡検査については、患者さんにできるだけ苦痛を与えることがなく、かつ安全で質の高い検査治療を目指しています。内視鏡機器については最新のハイビジョン内視鏡システム(OLYMPUS LUCERA ELITE)を導入し、下部についてはほぼ全例拡大内視鏡を用いた観察を施行しております。また、咽頭反射の強い方、不安の強い方には静脈麻酔薬を使った沈静化の検査や極細径内視鏡を使った経鼻内視鏡検査も行っております。

 当院の特徴の一つとして、腎疾患を抱えた患者さんが多くいらっしゃることが挙げられます。腎不全の患者さんはその程度や疾患にもよりますが、一般に「出血しやすい」、「傷の治りが悪い」、「感染を起こしやすい」など、内視鏡治療を行う際に不利な点があります。当院では維持透析中の患者さん、高度腎不全の患者さんについては腎センターの先生方にしっかりと全身管理をしていただきながら適切な内視鏡検査・治療・処置を行っており、そのようなリスクの高い患者さんに対しても比較的安全に治療・処置を行うことができると考えています。

内視鏡の洗浄消毒について

 内視鏡室に限らず、“感染対策”を行う上で最も重要とされるのは、スタンダードプリコーション(標準感染予防策)を順守することとされています。当院では「消化器内視鏡の洗浄・消毒に関するマルチソサエティガイドライン」(日本環境感染学会・日本消化器内視鏡学会・日本消化器内視鏡技師会合同作成)を指針とした独自の感染対策、洗浄マニュアルを作成し、洗浄および自動洗浄機を用いた高水準の消毒を行っております。

ttl_ishishoukai
uenishi-hiroshi
 
sugai-shunichiro
 
ttl_taishoushikkan
・各種消化器がん(食道がん、胃がん、大腸がん、肝臓がん、胆管がん、胆のうがん、すい臓がん)

・炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病など)

・胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃食道逆流症、逆流性食道炎、機能性胃腸炎、過敏性腸症候群、大腸ポリープ、虚血性腸炎、胆のう結石症、急性胆のう炎 など。

・閉塞性黄疸に対する胆道ドレナージ術、総胆管結石に対する内視鏡的治療や脳梗塞後後遺症などによる嚥下障害に対する内視鏡的胃ろう造設術も行っています。
PageTop