泌尿器科

当科の紹介
医師紹介
診療科実績

外来受付時間及び外来担当医師一覧につきましては患者さん向けコンテンツをご覧下さい。

当科の紹介


 腎、尿管から膀胱、前立腺を経て尿道に至る全尿路のほか、副腎、生殖器、後腹膜まで広い範囲の疾患を、診断から手術・治療、外来フォローアップまで一貫した診療を行っています。
 診療内容は、悪性腫瘍や排尿障害、尿路の結石などの泌尿器科主要疾患から、尿路先天性異常や当院の特徴でもある腎不全に関連した病変まで多くの領域が含まれます。
 悪性腫瘍の中では、特に腎がんの手術症例数は本邦でも有数です。低侵襲性と腎機能維持を念頭に2001年より腹腔鏡手術を積極的に取り入れており、腎機能の温存の観点からは可能な限り腎部分切除を行い、これに対しても積極的に腹腔鏡手術を行っています。
 膀胱がん、腎盂がん等の尿路上皮がん、前立腺がんについても機能温存と根治性を考慮して、手術、術前術後の化学療法等を行っています。
 尿路結石では、体外衝撃波(SWL)、経皮的腎砕石術(PNL)、経尿道的尿管砕石術(TUL、細径軟性尿管鏡とホルミウムヤグレーザーを用いたf-TULを含みます)など、現在利用可能なあらゆる方法で対処しています。
 現在5名のスタッフで診療にあたっておりますが、泌尿器救急を含め連携医の先生方のリクエストに応えられますよう、良質で専門性の高い医療を目指しています。

医師紹介


庵谷 尚正
相沢 正孝
並木 俊一
工藤 孝志
諸角 謙人
 

診療科実績


診療科実績
 
PageTop