医療総合支援部の紹介(地域連携室・医療福祉相談室)

■ 医療総合支援部

  医療総合支援部は、地域医療の一員として地域全体の医療資源が円滑で効率的に運用され、当地域全体の医療の質が向上するよう、当院が何をなすべきかを考え行動することを常に意識して業務に取り組んでいます。

 当院は腎・泌尿器疾患や関連した整形外科疾患を得意とし、透析医療や移植医療では本県の中心的な病院であると自負しています。そのポテンシャルを地域の力とするべく、連携医の先生から当院、また当院から連携医の先生、あるいは自宅とのシームレスな医療ができるよう努力しています。

 主たる業務は、地域連携室が担当する前方連携業務と、医療福祉相談室が担当する後方連携業務の他に、講習会・講演会の開催等で専任のスタッフが業務にあたっています。

 ■ 医療総合支援部のご案内とスタッフ紹介

  • 医療総合支援部長(副院長) 庵谷 尚正
  • 医療総合診部副部長(総合診療科医長) 伊藤 規雄

地域連携室(前方連携)

  • 地域の医療機関から紹介された患者さんの診療予約・紹介管理を行っています。
  • 院内外の連携に努め、患者さんのスムーズな受け入れができるよう各種調整を行っています。
  • 講習会・講演会の開催、広報誌の発行などを定期的に行っています。

地域連携室スタッフ

  • 柳澤 眞 (地域連携室長)
  • 石成 和久 (地域連携係)
  • 小林 真梨 (地域連携係)
  • 高橋 幸代 (地域連携係)

医療福祉相談室(後方連携)

  • 地域の医療機関と連携を図り患者さんのご自宅近くの医療機関などの情報提供、連絡・調整を行っています。
  • 福祉サービスや行政機関と連絡調整を行っています。
  • 入院中または退院後の生活においての心配ごとなどに関する相談を受けています。
  • 医療費などの経済的問題に関する相談や、公費負担申請の手続きに関する相談を受けています。
  • 社会福祉制度に関する相談を受けています。
  • 医療や看護、介護に関する相談を受けています。

医療福祉相談室スタッフ

  • 齋 育子 (医療福祉相談室長)
  • 佐々木 美知代 (医療社会事業専門員)
  • 残間 有希 (医療社会事業専門員)
  • 新沼 美奈子 (医療社会事業専門員)
 
PageTop