入院・面会のご案内

入院される皆様へ

私たちは、患者さんが療養に専念され1日も早く回復されることを心から願っております。
入院中、病気のことなどわからない点や困ったことがありましたらご遠慮なく医師・看護師等におたずねください。

入院に関する詳細情報

■入院の手続き

  • 入院の際は、お約束の時間までに外来においでください。
  • 入院申込書に必要事項を記入・捺印の上、外来受付にお出し下さい。
  • 交通事故や労災事故の疾病で入院される場合は、あらじめ入院申込の際、医事課にその旨をお申し出ください。

■入院に必要な物

  • 健康保険証
  • 障害者手帳(該当する方)
  • 老人医療や公費負担医療等の受給者証(該当する方)
  • 当院の診察券
  • 印鑑
  • ねまき類、下着類、洗面用具、上履き、湯のみ、はし等の日用品
【注意】多額の現金・貴重品はお持ちにならないようお願いします。

■会計について

  1. ご請求は毎月10日以降に前月分を請求させていただきます。 尚、老人医療または更生医療の公費の方は、月1回のご請求となります。 健康保険証の提示がない場合は、全額自費となります。
    • お取扱窓口:入院会計窓口
    • お取扱時間:平日(月~金)8:30~17:00
    • お願い:午前中は窓口が大変混みあいますので13:00~17:00の間でご協力願います。
  2. 銀行振込によるお支払いもできます。 但し、振り込み手数料は患者さんのご負担となります。
  3. 退院の際は、請求書をお渡しいたします。入院会計窓口でお支払いください。 請求書に関するお問い合わせはご遠慮なく医事課窓口におたずねください。 お支払い済みの領収書は、高額医療の払戻し、所得税の医療費控除等に必要です。再発行はいたしておりませんので大切に保管してください。 公費負担の手続き中の方は、請求書が遅れることがありますのでご了承ください。
    【注意】土・日・祝祭日退院の場合は、前日に請求書をお届けいたします。【注意】土・日・祝祭日の会計の際は釣銭のないようご協力願います。
    【注意】クレジットカード・デビットカードでのお支払いも出来ます。
  4. 自動精算機によるお支払い ○設置場所 外来受付・会計窓口(医事課)前 ○お取扱時間 8:00~20:00 (土日祝日もご利用頂けます) ○お支払い 外来診療費・入院診療費 ○お支払い方法 現金・クレジットカード 【注意】デビットカードはご利用頂けません。会計窓口をご利用下さい。

■特別室(差額ベット)利用について

  • 特別室の利用をご希望の方は外来看護師または病棟師長にご相談ください。
特室A
 シャワー/トイレ/洗面

  料金/1日あたり 9,900円(税込)
特室B
 トイレ/洗面

  料金/1日あたり 6,600円(税込)

■診断書について

  • 診断書用紙は、医事課2番窓口で購入し、担当の看護師に提出してください。
  • 病院以外の診断書をご利用の方は、2番窓口で申し込み、3番窓口で料金をお支払いください。
  • その他、わからないことがありましたら、医事課窓口におたずねください。

■医療相談について

  • 社会復帰、家庭問題、医療費などその他治療上お困りのことがありましたら患者サポートセンターにご相談ください。医療ソーシャルワーカーがおります。

■使用できる設備について

  • レストラン・コンビニ(ニューヤマザキデイリーストア)・自動販売機が院内にあります。

■お礼その他について

  • 医師・看護師へのお届物は一切お断りしております。
  • 入院中不明な事がありましたらご遠慮なく看護師におたずねください。

■お願いと病院内での規則

  • 食事 症状によっては治療食や絶食の患者さんもいらっしゃいます。治療食の患者さんには特別のお食事(流動食・糖尿病食・肝臓食・腎臓食など)が用意されますので、食べ物や飲み物をお持ちにならないようお願い致します。患者さん同士の食べ物のやり取りはなさらないでください。
  • 外出・外泊 主治医の許可が必要となりますので、看護師にお申し出ください。
  • 飲酒 飲酒は禁じております。お酒を飲んだ場合は退院になることがあります。
  • 喫煙 病院敷地内は禁煙となっておりますのでご協力ください。
  • 非常時 火災・その他の災害が発生した場合は、職員の誘導に従い落ち着いて避難してください。
  • 電気製品 テレビ・冷蔵庫・洗濯機は備え付け(有料)がありますので、私物の持込はご遠慮ください。
  • 駐車場 入院患者さん専用の駐車場はありまませんので、入院中のお車の駐車はご遠慮ください。
 

 患者様の安全を守り、診療を円滑に行うために、受診時、入院時には諸規則をお守りください。暴言、暴力、不当な要求、セクシャルハラスメント、器物損壊など、診療及び業務に支障をきたす迷惑行為があった場合には、診療をお断りすることがございます。ご理解とご協力をお願いいたします。(→STOP!暴言・暴力・迷惑行為!

 
PageTop