整形外科

【整形外科】

 当科では骨折など一般整形外科に加えて、特に脊椎疾患(腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、頚髄症)、手の外科(手根管症候群、肘部管症候群、バネ指)・足の外科、肩関節疾患(腱板断裂、五十肩、透析肩、反復性肩関節脱臼)領域で専門医を配置し、積極的に治療を行っています。 当科での2011年度の全手術件数は545件(表参照)でした。水曜・木曜日に脊椎外来、火曜・木曜日に手・足の外来を行っております。上記疾患でお困りの患者さんがいらっしゃいましたらご紹介いただければ幸いです。

2015.4-2016.3
総手術件数
590
脊椎疾患:腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、頚髄症、仙腸関節障害、その他脊椎疾患
160 45 58 32 6 19
手の外科・足の外科:手根管症候群、肘部管症候群・バネ指・その他
154 58 89
肩関節疾患:腱板断裂、透析肩、肩関節拘縮・その他肩手術
10 2 2 6
骨折:大腿骨頚部骨折、その他下肢の骨折、 上肢の骨折、その他の骨折
202 106 44 39 13
抜釘、異物除去、創傷処理、その他
64

【腰痛・仙腸関節センター】

 仙腸関節の痛みの特徴:仙腸関節は骨盤内の仙骨と腸骨で形成される関節で、その痛みの多くは関節の微少なズレによる機能障害、いわゆる仙腸関節障害で、その病態は子供に起こる肘内障に似ている。 痛みの特徴は仙腸関節付近を中心とする腰殿部痛で、下肢への神経根障害に一致しない関連痛が多い。そして下腹部から股関節にかける痛みも伴いやすく、股関節疾患を疑われたり、消化器科や泌尿器科を受診する患者が稀ではない。 仙腸関節の痛みというと、出産に関連する女性特有な痛みと思われがちであるが、昨年1年間に当院腰痛・仙腸関節センターに来院した仙腸関節障害例406例をみると9歳から90歳代までの男女に幅広く分布し、仙腸関節障害の痛みが老若男女に起こる、ありふれた腰下肢痛であることがわかる。 毎週水曜・木曜日に腰痛・仙腸関節外来を行っております。なかなか治らない腰痛・下肢痛でお悩みの方は、一度受診されてください。

外来受付時間

整形外科外来受付時間
 
午前 8:00 - 11:30 8:00 - 11:30 8:00 - 11:30 8:00 - 11:30 8:00 - 11:30
午後
【注意】小児科医からご紹介いただいた先天性股関節検診のお子様は、待ち時間を減らすため予約制としています。

外来担当医師一覧表

整形外科

整形外科外来担当医師一覧表
 
医師 秋 貴史 野口 京子 橋本 ちひろ (小澤 浩司)
         
 

腰痛・仙腸関節センター

腰痛・仙腸関節センター担当医師一覧表
  水(予約制)
医師 村上 栄一
黒澤 大輔
- 
【注意】(括弧)で囲まれた医師は定期依頼の応援医師です。
【注意】各担当医は出張等の諸事情により変更になる場合があります。

各担当医師紹介

村上 栄一 (副院長)

卒年  昭和56年卒 
専門領域  腰椎及び仙腸関節疾患 
認定資格  日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本整形外科学会認定専門医
日本脊椎脊髄病学会認定指導医
日本整形外科学会認定スポーツ医 

野口 京子 (整形外科診療部長)

卒年  平成2年卒
専門領域  手・足の外科 
認定資格  日本整形外科学会認定専門医

黒澤 大輔 (整形外科医師)

卒年  平成16年卒 
専門領域  脊椎外科、仙腸関節、腰痛
認定資格  日本整形外科学会認定専門医
日本AKA医学会認定専門医

橋本 ちひろ (整形外科医師)

卒年  平成18年卒 
専門領域  整形外科一般 
認定資格  日本整形外科学会認定専門医 

秋 貴史 (整形外科医師)

卒年  平成19年卒 
専門領域   
認定資格  日本整形外科学会認定専門医 
PageTop